新型コロナに関するネイルの推奨デザインについて

2020年05月07日


DSC00389.JPG

新型コロナウイルス感染症拡大にあたりジェルネイルを装着したお客様へ
医療機関の一部検査においてネイルが及ぼす影響についてご説明いたします。

医療機関で受ける検査の種類によっては
カラージェルネイル、カラーポリッシュ、ネイルアートなどを
オフするように指示される場合があります。

つきましては、お客様がされるデザインで少しでも
医療関係者の方の仕事が増えないように、ジェルネイルのお休みまたはクリアジェルなど
ご協力お願い致します。



以下は検査を受けるときのネイルに関しての詳細になります。

※使用する装置によって異なる場合がありますので医療機関の指示に従ってください。

<レントゲン、CT検査>
胸部レントゲン、CT検査を行う場合は、問題ありません。

<酸素飽和濃度測定>
肺炎の場合、呼吸の状態を測定するために指先にクリップのようなパルスオキシメーターを装着して、酸素飽和度を測定する検査を行いますが、この検査には影響があります。爪の付け根に近いところに赤い光を当てて測定する装置ですが、カラーポリッシュやジェルネイル、立体的なパーツなどを装着していると、正確な測定が出来ないため、オフする必要があります。1本だけオフ出来ていれば大丈夫かという質問もありますが 、どの指でも測定できることが望ましいと考えてください。また、爪の長さに関してもフリーエッジは短めが望ましいです。

<MRI検査>
MRI検査は、非常に強い磁力と電波を利用して人体の様々な断面を撮影します。検査を受ける際には、金属類や磁気類のアクセサリーなどを外すように言われますが、金属のネイルアートのパーツも同様に外す必要があります。また、ジェルネイルやカラーポリッシュなどの顔料の中にも金属成分が含まれている場合があります。全てオフしておくことが望ましいと考えてください。

※爪の色は血液の色を映し出しています。入院加療が必要な場合には、爪の色に変化がないか観察されます。ネイルをオフして診療の妨げとならない配慮が必要です。




皆様のご理解とご協力をお願い致します。

お問合せ 電話番号03-3967-0185

ご予約・お問合せ

ラフレシア

  • 〒174-0041
    東京都板橋区舟渡1-16-16
  • [営業時間]
    10:00~20:00
  • [定休日]
    火曜日・第三水曜日
  • [電話番号]
    03-3967-0185